親勉的 絵本の読み聞かせ

おもちゃ・絵本

親勉と言えばトランプなどの

カードゲームが有名ですが、

1才8ヶ月の息子はまだカードゲームは出来ません。

だって、彼にとってカードは

食べ物もしくは折り曲げて遊ぶものだから?

 

では、どうするか?

普段、読み聞かせている絵本に脚色を加えちゃうんです。

わが家でやっているのは、

「はらべこあおむし」に出てくる果物に産地を加えてますよ。

例えば、
「月曜日、青森のリンゴを1つ食べました」
「火曜日、鳥取の20世紀梨を2つ食べました」
とまあ、こんな感じです。

ほら、簡単すぎて拍子抜け。
だからこそ、ママの負担にならなくていいでしょ?

ちなみに、わが家には英語絵本も数十冊取り揃えています。
今度は、英語絵本のご紹介もしますね。

コメント