他の子どもとの会話も楽しくなるよ。親勉チビーズ受講生にだけ得られる副産物

親勉チビーズ 声掛け 親勉チビーズ

わたくし、「親勉チビーズ」っていう
イヤイヤ期の子育てを楽しく乗り切ろうって
講座を開催しているのですが、
活動開始からもうすぐ一年になります。

で、最近の趣味が

息子の保育園の友だちや上のクラスの子に
「親勉チビーズ的な声かけ」をして
その子の表現力や想像力を
ちょっぴり刺激すること。

※声掛けは「中級講座」でやります。

先日、

「ねえ、ハルくんのママ、
あのね、あそこに小さい実がなってるんだよ。
それをね、食べたんだー!」

って息子の保育園の子(女児)が報告してくれるものだか

「あそこに小さい実があるのね!
どんな味だった?」

女児「んーっとね、すっぱかったー!」

わたし「すっぱかったんだね。
どのくらい酸っぱかった?」

女児「このくらい
(両手で、おにぎりくらいのサイズの○を表現)
すっぱかったよ」

わたし「そうなんだー!
このくらい酸っぱかったんだね。
他に酸っぱいものって知ってる?」

女児「んーっとね、レモン!」

わたし「そうだね!
レモンめっちゃ酸っぱいよね。」

「○○ちゃん、いろんな事に気づいたね!
たくさん教えてくれてありがとう!
楽しかったよ」

てな感じ。

彼女、満足そうに帰っていきました(*^^*)

私、子どもは嫌いじゃないけど
コミュニケーション取るのは苦手でした。

なんて声かけていいかわからなかったから。

なのに、親勉チビーズ学んだら
他人の子供とのコミュニケーションまで
楽しくなっちゃう。

これ、親勉チビーズ受講生の
副産物じゃないかなと思う。

この副産物、バカに出来ないです。
だって、自分の子の周りの環境を
わずかでも整えることになるから。

ま、気になったら体験会に来てくださいね。

コメント