【衝撃】巨大なカエルに遭遇したよ

【衝撃】巨大なカエルに遭遇したよ 親勉チビーズ

親勉チビーズ歴も1年となると、
ちょっとした日常のハプニングも
子どもへのプラスの声かけになるように
って思考が定着します。

ある雨上がりの夜。

大きな大きなウ◯コ…

じゃなくて、
巨大なカエルに出逢いました。

成人女性のコブシ2個分くらいの、
今まで見たこと無いほどのサイズ。

これは、近くの公園の池のヌシではないかと。

ここで、あなたなら2才の子に
なんて声をかけます?

A.
おっきなカエルさんだねー!
ビックリしたねー!

B.
なんて言う種類のカエルかな?
カエルは両生類って言うんだよ。
カエルは英語でfrogだね。

C.
このカエルさん、どこから来たのかなぁ?
なんて名前だと思う?
お母さんのお名前は何だろうね?
表面がゴツゴツしてるね。
びょーーん!ってジャンプしたよ!

D.
うわっ!キモっっ!!
早く行こう(汗)

Aのアナタ、フツーですね。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Bのアナタ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1週間で勝手に
勉強する子供に変わる
楽しい家庭学習法「親勉(おやべん)」を
やってますね?

さすが!!でも、知性を入れるのは
3才以降でも大丈夫。

Cのアナタ、素敵!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
モンテッソーリ教育のエッセンスに、
遊ぶように勉強する「親勉」を
取り入れた「親勉チビーズ」を
やってますね?

Dのアナタ、すごく素直!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
いやもう、大半の女性はそうだと思う。
若い頃は虫こわーい。カエルキモーい。
でヨシとされたのに、母になると
そうも行かなくなる。

いや、キモーいでもいいんですが、
それって子どもも同じようになってしまう
可能性が大。

生命や自然の面白さを発見したり
想像力を広げたりっていう
大事な体験・体感の機会をソンしちゃう!

もったいないですよね。

それに、小学校でも生き物のことを
授業で学びます。
リアルなカエルや虫の観察を
する機会もあるでしょう。

その時、キモっ!嫌いっ!
って無理やり勉強するより、
興味津々で勉強した方が
子どもには良さそうじゃないですか?

ね。

さて、話を戻しまして…

このままだと自転車に轢かれそうなので
カエルのおしりをつま先でツンツンって
道の脇に誘導したら
人様の御宅の玄関のそばに行ってしまった…。

お家の人、玄関開けたら腰抜かすだろうな…

「子どもの想像力を圧倒的に鍛える声掛け」は

親勉チビーズ中級講座でお伝えしています。

コメント