親勉チビーズ体験会

東京 杉並区近辺で親勉チビーズ体験会を実施しています。

詳しくはコチラ

親勉ってなんですか?

親勉とは?

なすあや
なすあや

突然ですが、質問です。

あなたのお子さんには、どうなってほしいですか?
A:勉強ができる子
B:勉強ができない子

 

もちろんAですよね?
では、続いて質問です。

あなたのお子さんには、どのように勉強してほしいですか?
A:楽しく勉強してほしい。勉強を好きになってほしい。
B:勉強は辛くて当然。点数を取れれば勉強が嫌いでも構わない。

こちらもAですよね?
では、なぜAを選んだのでしょうか?
おそらく、以下のような理由だと思います。
・自分が子供の頃に勉強が辛かったから
・自分が親に「勉強しなさい!」と毎日言われて嫌だったから
・勉強が嫌いだと苦労するから
などなど。

しかし、楽しく勉強してほしいと願っているのに、実際は我が子に対して
「勉強しなさい!」とガミガミ言ってしまう親が多いのは事実です。

あなたもそうじゃないですか?
おそらく、あなたの心の中に「勉強とは机に向かって一人で黙々とやるもの。」「辛くて苦しいのが当たり前」「遊びじゃないんだから!!」
という固定観念があるからだと思います。

実は、わたしも同じでした。
勉強が面白くなくて辛くて。「頑張ればできる子なんだから!」なんて言われても頑張るのが億劫だったんですよね。つまらないから。

今でもはっきりと覚えてることがあります。
小学6年の社会(日本史)の授業で、クラスの男子が歴史人物の名前やその人がどんな人なのかなどをスラスラと楽しそうに言っていたことを。
彼は、いわゆるガリ勉・秀才タイプではなかったので、余計に衝撃を受けました。
なんで、そんなこと知っているのかと。そして、なぜあんなにも楽しそうなのかと。

今思い出してみると、彼は歴史が好きだったんですよね。
だから、歴史に詳しくなる。そして歴史に関することを学ぶことが楽しかったのだと。

これこそが、親勉なんです。

え?唐突すぎてついて行けない?

すみません。ちゃんと説明しますね。

1週間で勝手に勉強する子供に変わる家庭学習法、それが「親勉」です。
この「勝手に勉強する子」になる上でキモなのは、「遊ぶように勉強すること」です。

勉強する上で大切なのは「楽しい」です!

子供は楽しいことは「やりなさい」と言われなくても、自分で勝手にどんどんやっていきます。
先程の私の同級生の話もそうですが、電車好きの男児が新幹線の名称すべてを暗記してしまったり、女児が歴代プリキュアのキャラ名と制服のデザイン、決めゼリフを正確に覚えてしまったり。
楽しいと自らすすんで覚えたり、知識を増やし、さらに「知りたい」と行動するのです。

親勉では、初級講座、中級講座、親勉ラボ等を通じて「1週間で勝手に勉強する子供に変わる家庭学習法」のやり方をお伝えしています。

「楽しくなくちゃ、親勉じゃない!」
私達インストラクターがよく使うフレーズです。
親勉を実践している家庭内だけに限らず、体験会や講座の時間も「楽しく」を重視していますよ。

親勉って何をするの?

一般の学習塾や通信教育とは異なります。
忙しいお母さん達でも家庭内で(もちろん、外出時でも!)実践できる方法をお伝えしています。

例えば、歴史人物のカードゲームでお母さんと子供が一緒になって遊んで学ぶ方法や、新聞やチラシ(お金がかからない!)を使って感じの勉強をする方法、食事や保育園の送り迎えの時に植物の勉強を取り入れる方法など。

お母さんが日々の生活の中でちょっとした工夫を続けることにより、お子さん方は勉強好きに変わるのです。
※もちろん、お父さんもOKです

親勉で扱う勉強は小学校6年間で習う内容の中から特に重要で理解が難しい・覚えにくいものを楽しく学べる仕組みができています。

歴史や都道府県の名称・特産物、漢字の部首、算数、月の満ち欠けや星座など。
もちろん、2020年に小学3年生から必修となる英語も取り扱っています。
これを、幼児でも楽しく遊んで学べるようになっているのです。
実際、我が家の息子(2歳)も楽しく学んでいます。

親勉をすると、どうなるの?

・幼児なのに歴史人物を70人以上覚えてしまう
・嫌いだった漢字の勉強が好きになって、自ら辞書を引いて宿題を済ませる
・読書感想文のコンクールで入賞
・計算が早くなり、苦手だった算数が好きになる
・食卓にこぼした牛乳を見て「福井県の形だ!」と発見する

これは、ほんの一部の例です。

親勉を取り入れた我が家・我が子の変化

親勉歴:
2017年3月(息子、生後8ヶ月):体験会参加
2017年8月(息子、1歳1ヶ月):初級講座参加
2018年春:親勉インストラクター資格取得

息子(2歳)の変化

・歴史人物のイラストを見て、名前やあだ名が言える
・鑑真と行基の区別がつく(これは親の私もびっくり!)

・部屋に貼ってある歴史人物のポスターを見て「マッカーサーおはよー」と話しかける
・天気予報や街なかで日本地図を見て「ほっかいどー」と言う
・こぼしたお茶、ハンドソープの泡の形を見て「ほっかいどー」と言う
(北海道はお気に入り(笑))
・北海道・東北・沖縄あたりの位置がわかる
・英語の歌を歌う

親勉は対象年齢を3歳~としていますが、実際は1歳児でも上記のような変化が見られます。

親勉のこと、もっと知りたくなった?
なら、体験会に来てみてください!

体験会について詳しい情報を見る>

親勉・親勉チビーズ 東京杉並《なすあや》ズボラ母の親勉でユル育児